/official/about PAPAMO | 会社情報

会社情報

PAPAMO のビジョン

ビジョン:子どももオトナも自分らしく、のびのびと生きることができる社会の実現

・子どもたちが、もっといろんな人に触れ合いながら、自分らしくのびのびと育つことができるように。
・パパ・ママが、もっと気軽にいろんな人の手を借りながら、自分らしくのびのびと子育てできるように。
・保育士が、子どもに関わる仕事の選択肢をもっと手にすることで、自分らしくのびのびと働くことができるように。

現在の日本の都市は、実家が遠かったり、近所付き合いが薄かったりと、夫婦 2 人で子育てせざるを得ない状況に置かれています。 近所付き合いが盛んだったり、実家・親戚が近かったりすると、子どもたちは、近所のお兄ちゃん・お姉ちゃんや、親戚のおじちゃん・おばちゃんに全力で遊んでもらうことができます。

そうしていろんな人にいろんな遊び方・向き合い方をしてもらうことで、個性や好奇心、感性が育ち、のびのびと育つことができます。 子どもたちを遠慮なく喜んで遊びに送り出せる存在がいると、パパ・ママは、日常の「ちょっとした」瞬間に彼らに気軽に頼ることができます。
そうしていろんな人に手を借りたり、いろんな身近な親子と接することで、パパ・ママ自身がいろんな考え方があることを知り、自分らしくのびのびと子育てできるやり方・あり方を見つけていくことができます。

だから PAPAMO は、「親戚のおうち」のように、子どもたちにとっては、一緒に遊ぶのが待ち遠しくって、パパ・ママにとっては、気軽に手を借りられるようなあそび場を都市にたくさん作ることで、子どもたちもパパ・ママも、自分らしくのびのびを育ち合える社会を目指しています。

そして、それは、そんな「親戚のおうちのようなあそび場」を作っているキッズスタッフも同じです。 こどもと関わる仕事がしたいけれど、自分も子育てをしながら、週 5 日間フルタイムで保育園に勤務することが難しいため、保育園を辞めざるを得なかったり、保育園の方針が合わず、理想とするこどもとの関わり方ができないことに悩んだり。
PAPAMO は、キッズスタッフがもう一人の”主役”になれる、少人数の週 1 回のあそび場を展開することで、保育資格保有者に新しい働き方を提案し、自分らしくのびのびと自己実現できる社会を目指しています。

事業責任者 橋本咲子

運営会社

運営会社 GOB Incubation Partners 株式会社
運営会社代表 山口 高弘
事業責任者 橋本 咲子
所在地 〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷2-34-12
お問い合わせ先 info@papamo.net
またはこちらのお問い合わせフォームからお問い合わせください。

メディア掲載

安心安全への取り組み