初めての方へ

PAPAMO は、空き部屋やキッズスタッフの自宅など「おうち」を用いた、1 回 3 時間のあそび場です。

毎回のあそび場は、テーマが決まっていて、テーマに沿ったワクワクするプログラムがぎっしり。こどもたちと全力で遊ぶキッズスタッフが、こどもたちのあふれる個性や豊かな表情を引き出します。

「親戚のおうちのようなあそび場」をコンセプトに掲げる PAPAMO は、こどもたちにとっては、「一緒に遊びたい!」とねだる親戚のお姉ちゃん・おばちゃんのような存在を。パパ・ママにとっては、ほっと一息ついて頼れるような場所を目指しています。

1. ワクワクが詰まったプログラム

PAPAMOでは電車・忍者などの心おどるプログラムを提供。こどもたちは、はじける笑顔や真剣な表情、優しさや悔しさなど、豊かな表情・感情やのびのびとした個性を見せてくれます。

プログラム例を見る

2. 全力で一緒に遊ぶキッズスタッフ

キッズスタッフは、保育士資格を保有した、あそび場作りのプロ。少人数だからこその距離感で、親戚のお姉ちゃんのように思いっきり一緒に遊びます!

スタッフ募集中

3. パパ・ママも自分の時間

こどもたちが遊んでいるあいだ、パパ・ママの過ごし方は自由。一緒に遊んだり、別室でくつろいだり、外出したり、安心して自分の時間を過ごしていただきます。

保護者の過ごし方を見る

「こどもを見ながら自分の時間も有効に使えた」

石川貴志様
(5歳女の子・2歳男の子・0歳女の子)

一時保育と違って、こどもと同じ空間にいるのでとても使いやすかったです。
こどもは、自宅と近い雰囲気なのでリラックスしていましたし、大人も、ホームパーティのようにくつろいで他の親と会話ができました。
通常のこども用スペースの場合、大人は時間を有効に使えませんが、PAPAMOは、こどもが遊ぶ部屋に大人用の机・椅子があるため、こどもを預けるのと同じくらい自分の時間を持てました。
こどもを見ながら自分の時間を使いたい人に勧めたいですね

「同年代のこども同士でとても楽しく遊んでいた」

小笠原様
(8歳男の子・4歳女の子)

小学生のお兄ちゃんの習い事に下の子を付き添わせることも多く、下の子のための時間をとってあげられないことをもどかしく感じていました。
PAPAMOは、同年代のこどもがたくさんいたため、娘も環境に慣れるのが早く、とても楽しく遊んでいました。
何かあればすぐに駆けつけられる距離なのも安心です。
私もコーヒーを飲んだり雑誌を読んだりと、ホッとする時間をとれ、リフレッシュできました。

よくあるご質問

Q. いつ開催しているの?

毎週日曜日に開催しています。なお、今後は土曜日の開催も検討しています。

Q. 何時から何時まで?

通常開催の場合は午前(9:30−12:30)と午後(13:30−16:30)、プチ PAPAMO の場合は午前(10:00−12:00)に開催しています。
こちらのご利用料金も合わせてご覧ください。

Q. 対象年齢・対象者は?

2 − 6歳のこどもたちと、その保護者様です。

Q. 1 回のあそび場の定員は?

7 名前後です。

Q. どこで開催しているの?

千駄ヶ谷と根津・上野の 2 拠点で開催しています(2017 年 4 月時点)。今後、都内各所での出店を予定しています。

Q. 持ち物は?

以下の持参をお願いしています。
・水筒
・ハンドタオル
・着替え一式(必要なお子様はスタイも)
・紙おむつ(必要なお子様のみ)

あそび場をもっとさがす