1月のPAPAMO SCHOOLスポーツ

その他

1月のPAPAMO SCHOOLスポーツのテーマは、「自分の感覚を鋭く磨こう!」です!
PAPAMO流スポーツテスト、ヨガポーズ、ダーツなどを通して、各種目に特徴的な動きを体感し、調整力を磨くことを目標としています。

【ポーズ検定】

PAPAMOヨガでは、こどもがわくわくするような面白いポーズを様々用意しています。これらのポーズを取るための特別な動きによって普段とは違った身体の使い方ができるので、こども達に良い刺激となります。

親子で同じポーズの写真を撮るというミッションがあり、達成するとシールがもらえて、用紙に貼っていきます。

シールによって、こどもが楽しみながら積極的に全制覇したくなる仕掛けを作ると共に、親子で協力して取り組むという点がポイントとなっています。

【色ぬりダーツ】

PAPAMOダーツは矢を投げるのではなく、フェルト布製の的にボールを投げてくっつけるという、安全に遊べるスポーツです。

ポイント①:狙いやすい的
的はこどもでも狙ったところに投げやすいようなビッグサイズです!

ポイント②:玉がついたスペースに色塗り。全部塗ったらコンプリート!
ただ単に的を狙い点数を競うルールではありません。ボールがついたら手元のシートの同じスペースに色を塗ります。シートが全部を塗りつぶされたらゴールです!

こうすることで、はじめのうちは狙ったところにボールがつかなくても、失敗した・損したと思わず取り組めるだけでなく、「コンプリートしたい!」という前向きな気持ちでチャレンジすることができます。

ポイント③:的の色塗りで創造性も育める
ボールがついたスペースに色を塗る行為は、こども達の個性が強く出ます。何色でどのように塗るのか考えることで創造性を育む機会にもなります。

PAPAMOダーツは、自分の心を整えてどんな環境下でも変わらずに集中してプレーすること、自己と向き合い、感覚を磨いていくという大切なことを体感できる良い題材です。

【PAPAMOジェンガ】

誰もが知っているジェンガですが、紙製に変えることで通常のジェンガよりこどもでも簡単に積み上げられます。

PAPAMOジェンガは形を変えたり、広げてのせたり、細くして刺したり、輪のようにして引っ掛けたり、、、乗せ方は自由自在です!2度と同じものができることがないことから、芸術作品を作るかの如くこども達の想像力や創造性を目一杯掻き立てます!

また、通常のジェンガと違って相手に倒させるのではなく、仲間と共に積み上げることが目的なので、どうすれば崩れないのか考える調整力と共創を通して協調性が身につきます。

驚くことなかれ、何とこのジェンガは大人も熱中してしまうほど奥が深いものなのです、、!

PAPAMO SCHOOLでは随時無料体験会を実施しております。
詳細はこちらからご確認いただけます。
https://papamo.net/official/trial/