11月音楽:からだの太鼓で楽しもう!「ボディーパーカッション」

教室の様子


11月の芸術回は音楽♪
「からだを太鼓のようにして音を鳴らすんだ!」
ボディーパーカッションは難しい言葉ですが、太鼓はPAPAMOのお友だちも大好き!
いろんな身体の音を楽しんだ後は、曲に合わせて表現することを楽しみました。

様々なところにリズムは存在します。
今回は、大好きなおやつにもリズムがあることを伝えました。


「あめ」は、「パン・パン」
「いちご」は、「パン・パン・パン」
「たいやき」は、「パン・パン・パン・パン」
一文字ずつ増えていくと、リズムが変化していますね。

理解ができたこどもたちは、実際に自分の好きなおやつを選んでお買い物です。
一人ずつタンバリンをたたいて、何が好きなのか伝えてもらいまいした。

ばっちり「パン・パン」と飴がほしいことを伝える子もいれば、
自分の好きなおやつを伝えようとする子も!
お買い物のゲームでは、想定していたリズムと違うリズムで表現していた子もいましたが、
大人の日常生活でも、相手と自分のリズムがズレてしまうことは多々あります。

お腹が空いてくるお買い物ごっこでした♪

その後は、絵本の読み聞かせ。
心臓の音(リズム)が動物によって違うことを学びました。
鼓動をママやパパの胸や背中に耳を当てて確認するお友だち。
体の中から音がする不思議を感じてくれたと思います。

さて、今度は体の外から音を鳴らそう!ということで、
一人ひとり、身体を叩いたり、こすったり、口を鳴らしたり、様々な音をつくりだしてもらいました。
まねっこできない音を出す達人もいたため、先生たちも練習です!笑

最後は、身体から出る音の楽しさを曲にあわせて表現しました。
手を叩いたり、腕をこすったり。
振り付けをすぐにマスターしたお友だちは、ノリのよい曲にあわせて踊ってくれました。
強弱やフリーダンスも、こどもたち一人ひとりの個性がよく表れており、先生たちも一緒に楽しませてもらいました。

相手が何を伝えようとしているのか、自分はどのように相手に伝えたらいいのか。
音楽の醍醐味である相互的なやり取りの大切さに気づき、お互いの想いがぴったりあったときの喜びを
このプログラムで体感してくれていたら嬉しいです。

~保護者の方の様子~
通い始めたころは周りの様子を伺うことが多かった男の子が、クラスで一番楽しそうに踊っていました!
その姿を見ていたママもにっこりで、「ダンスは好きみたいです」と一言。

好きなものが増えて嬉しいですね!