4月ラグビー:「チームワーク」

教室の様子

日ごとに子どもたちのうごきに俊敏さが増していきます!PAPAMO SHOOL4月のスポーツはラグビー。ボールを抱える手つきや相手を交して走り切るすがたにはラグビーを彷彿とさせるものを感じます。
「技術要素が入ると、力の入れ方や状況に応じたタイミングの取り方などがつかめるようになるので、もっとうまくやれるということに気がついてきます!」と先生は子どもたちを励ましていました。

【ボールをパス!】

はじめに身体をひねって後ろの人へボールを受け渡すパスの遊びをし、良い感覚を掴みました。
つづいて実践では、相手をかわしにいき、止められた後腕を伸ばしてボールを後ろへ!
そこへ味方が走ってきて、自分のボールを受け取って進んでいく。まさに連携プレーです!
走りながら動きを止めずにパスを受けとってもらうのはまさにラグビーであり、真剣な子どもたちの表情はたくましかったです!

【2人でタックル!】
1人で勝てない相手でも2人ならできる方法がある。1人目のタックルに続いて、「まかせろ!」と言わんばかりに援護をする子どもたち。力を合わせるのは良いですね!

【かわしてトライを決めろ!】
前回勝てなかった相手に再び挑む。目線や身体の向き、リズムで相手の逆をついてなんとか突破しようとする子どもたちからは、スポーツにはこんな「ずる賢さ」も必要なのだと感じます!

「子ども同士が、声をかけあって走りながらパスをする姿はすごくラグビーって感じがして子どもたちの関わり合いが新鮮でした!トライをする様子も迫力があって生き生きとしていて楽しそうでした!」と保護者のみなさんも「観戦」していました!

子どもの中で少しでも工夫が出てくると成長が加速するので、良い部分は褒めてあげてほしいですね!