テニス:ストロークにチャレンジ!

教室の様子

3月9日の日本橋と国分寺教室のテーマは2回目の「テニス」。

前回の「ボレー」でテニスというスポーツに少し自信を持って取り組んでいるように見えました!
ストロークはなかなかうまくいかなくても「できるはず!」と思って、みんな一生懸命に何度も挑戦する姿に成長を感じました!

コロコロテニス

コロコロ転がるボールを手のひらラケットで打ち合いました。ボールが自分のところに転がってくるまでにしっかりと返すための姿勢と手の面作りを準備する事に少し苦労していましたね。

うまく返せたり、ラリーが続いたりすると楽しくなって夢中で打ち込んでいました!

風船ボレー
これは前回も行ったメニューでしたね!その経験からボレーもスムーズにできて上手な打ち合いが続いていました!

ラケットの向きや裏表どちらの面を使うかなど色々な打ち方に気づいた子どもたち。打ち続けようとする粘りも見られました!
ストローク+ボレーチャレンジ

いよいよストロークに挑戦です!はじめは中々当たらなくて苦戦していましたが、それでも諦めずに頑張っていましたね!タイミングと面づくりとスイングをしっかりと頭に置いてチャレンジを続ける内にボールが当たるようになりました!

テニスをプレーする上で基本となるのが今回行ったストロークです。
ストロークが上達すれば色々な打ち方が出来るようになります。
つまりテニスがもっともっと楽しくなるという事なんです!
今回も熱中して取り組んでくれた子どもたち、そしてそれを見ていた保護者の方たちからも熱い声援が飛んでいました!

できなかった事ができるようになった!この経験は子どもたちにとっても、大切なものになってくれたらなと思います。