こどもの斬新アート! どう褒めるのが正解??

まなび

こどもの創作意欲を掻き立てる秋!!
お絵かきや、色水遊び、造形遊びなど、屋内でのアート遊びが盛り上がる季節です。
手先を動かす楽しさがこどもの興味を刺激して、もっとこうしたいという探究心を育てることにも役立ちます。
でも「ん? これは….何かなぁ〜??」「上手? にできたね〜」 と、こどもが作ったイマジネーション豊かな造形物や絵に、なんて声がけしていいか困ったということはありませんか?
正直、親にも上手いか、下手か、これと、あれの違いもわからない…
そんな時は、素直に思ったことを語ってあげるのが良いそうです! できるだけポジティブな表現で。 「何かな?わからないなぁ、でも色がきれいだね」 未就学児期の3-6歳にしか表現できない、純度の高い感性を大切にしてあげたいですね。
小さなアーティストをどのように声がけして育てたら良いか、とても参考になる記事を見つけたので、ご紹介します。

参考:Chiik! – 3分で読める知育マガジン – https://chiik.jp/articles/0R8Nc